助産師・保健師の転職を応援します

近頃は4年生の看護大学も増え、在学中に看護師免許+保健師免許もしくは助産師免許をとるという形になりつつあります。

助産師・保健師にはまたそれぞれの悩みがあり、そのために転職を希望するケースもあるでしょう。

それぞれの悩みをみていきましょう。

助産師とは?

おさらいになりますが、助産師とは看護師の資格を取った後、助産師学校に行って国家試験を受け、助産師免許を取得した人のことを指します(または看護大学で在学中に助産師免許をとります)。その資格で看護師にはできない助産の手助けなどが出来るようになるわけです。助産院というものがあるように健康な分娩に置いては必ずしも医師の立ち合いを必要としません。つまり開業も可能な職種になります。

助産師の悩み

助産師は看護師の上位資格ですから、そのことにプライドがあります。もちろん、そのこと自体は悪いことではありません。むしろ良いことだと思います。

しかしながら、総合病院の産婦人科などでは看護師と助産師が混じって仕事をすることがあり、たいていの場合、助産師と看護師はうまくいきません。専門性は助産師の方が高いわけですから、看護師に指示することも多いからでしょう。しかし指示された方の看護師はどうでしょうか?同じような(本当は同じ仕事ではないのですが・・・)仕事をしているのに偉そうに言われた。助産師の方が給料も良い。そんなひがみのようなものを持つ人もいるのが事実です。例えばこんな例なんかがわかりやすいのではないでしょうか?

新人助産師とベテラン看護師。

想像しただけでひと悶着ありそうですよね。

責任の問題もあります。分娩を仕事にしてるわけですから、様々なクレームなども来ることでしょう。モンスターペアレンツは分娩時からモンスターですから・・・。

そんな時に組織側がしっかりと守ってくれるか。そんなことも悩みの種になっています。

助産師の転職

転職と言っても助産師の場合、看護師と違って少し難しくなります。

看護師と同じ仕事もできることはできますが、せっかく助産師の資格を持っていれば当然それを使って働きたい筈です。そうなると産婦人科を中心に探すことになりますから、求人案件が一気に減ってしまいます。

そこでネットを使った求人サイトはとても有用です。利用は無料ですし、非公開求人(登録したら見れるようになる)で少数名の助産師を募集してるケースもありますから、一度登録してみることを強くお勧めします。

保健師とは?

こちらもおさらいになりますが、保健師とは看護師の上位資格です。看護師免許をとったのちに保健師学校に通い国家試験に合格して保健師となります(または看護大学で在学中に保健師免許をとります)。

保健師の主な仕事は病気やケガの予防です。対象は個人個人ではなく集団になりますから統計学的な知識が必要となります。主に、市町村の保健センターなどに勤務しますが、大きな病院や、企業、学校、また地域包括支援センターなどが就職先となります。

保健師の悩み

助産師とは違って、看護師とのトラブルで悩むことは少ないようです。というのもそもそも職場が違っていますから、交流自体が少ないと言えるでしょう。

そのことからも想像できるかもしれませんが、保健師の悩みは孤独です。チームを組んでする仕事ではありませんから、自分の肩に仕事の責任が全部かかってくるわけです。同じ職場内に相談する相手がいないというのも辛いところです。

そうなるとその組織自体が自分をどう扱ってくれるかにかかってきますよね。

嫌な職場になると、それにずっと一人で耐えなければならなくなります。

また、良い職場には空きがなかなか出ません。基本的に日勤常勤の仕事ですし頭脳労働ですから、長く続ける人が多いためです。そういう状況ですから、転職を考えているなら、早め早めの行動が良いようです。

求人サイトに早めに登録をしておき、良いコンサルタントにお願いしておくというのは良いやり方だと言えます。このような少数の募集は非公開求人が多くなりますから、登録しなければチェックすることができません。

保健師の仕事は日勤常勤という看護師にとっては憧れの職種ですが、保健師が転職するとなると、結構大変です。

どこの求人サイトを利用するか

助産師・保健師向けの求人サイトはありませんが、看護師向けの求人サイトの登録ページにいくと、助産師・保健師、それぞれにチェックする項目がありますから、そこにしっかりとチェックをして登録しましょう。