夜勤なしの職場で働くメリット(メンタル編)

規則正しい生活は体への効果だけではなく精神的な健康面への効果も期待できます。忙しく不規則な生活を送っていると、精神状態はずっと張り詰めた状態で緊張状態が続きますから、肩に力が入って眉間にしわが寄っているような状態になります。

そうすると頭痛や肩こりが起こり、精神的に不安に陥ったり、心のバランスを崩してお腹を壊したり風邪をひきやすくなったり、また自律神経失調症になってしまったりするリスクが高まるのです。これらの症状はすべて精神的なことが関与していますから、規則的な生活にすることで解消していくことが大切です。

規則的な生活を送ることができない人が陥りやすいのが心の状態が不安定になるということです。

たとえば野球選手のイチローは規則正しい生活により不安を抱えない、考えないようにしています。これは一般の人にも当てはまることで、夜眠る前に不安だったことや心配だったこと、落ち込んだことも、眠るとすっきりとしていたということはよくあります。

実際にうつ病を患っている人に対して、規則正しい生活を送ることは治療法の一環として指導されています。規則正しい生活を送ることで神経伝達物質やホルモンバランスが取れるようになりますし、交感神経と副交感神経も均衡が保てるのです。

看護師の現場では精神状態が悪いと患者さんに対して笑顔で接することができない、きちんとした対処ができないといった不具合が生じます。このような事態を回避するためにも、規則正しい生活を送って看護師の仕事を全うすることが大切です。

ですが中には交代勤務や宿直などの仕事があるためなかなか規則正しい生活が遅れないという方もいるでしょう。一方で毎日同じ時間に起きて食事をきちんと取り、毎日同じ時間に退勤して同じ時間に眠っているという看護師もいます。

そのような生活を送るためにも、転職を考えてみるのもお勧めですし、転職支援サイトには残業が少ない、日勤だけの仕事などの求人がたくさんあります。
精神状態が看護師の仕事で悪化していると感じている方は、転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。