違う職場に移る時はいつですか?決められない場合は

自分一人でやれること少しずつ増えてくるのが経験のある職員である証拠です。一端のタスクを上手くまわせるようになっていくのを手始めに、どんどんベテランとしての業務も付け足されるでしょう。それに連れ立ってしんどさも増加してくる為、別の職場への転職の時期について考えあぐね始めてしまうのだと考えられます。経験を積み、一定期間看護士として現場に立っていれば、いつもの役目がルーティーン化して、自然と面白みがなくなります。それにより、転職せずにこのままこの働き口であくせく働いていても、意気込みを保ち続けることができるのかなどと悩み、この頃合いで離職について迷うのかもしれません。役回りのワンパターン化を不安に思い、てこのようなきっかけで転職に関して判断しかねている看護職員は、他の病院がどういった診療や看病などを行っているのかなと気にしますね。でもうわべでは、中々分かりにくいパートがあるでしょうから、必ず挑んでみるという野心をキープしてください。

筆談の必要性

仕事柄、筆談が必要になる患者さんと接することも多いけれど、今日はその必要性を再認識した一日だった。

待合室で問診してるんだけど、年配の患者さんだと耳が遠い人も多くて、ついつい声が大きくなっちゃう。周囲の患者さんには申し訳ないな、うるさいだろうな、って思ったりしてたのね。だけど苦情を言われたこともないし、いつもそうやって問診してた。

今日、初めて来院した患者さんは八十代で、やっぱり耳が遠い様子。いつも通りに大きな声で問診をしようとしたら、患者さんから「待って」と言われたの。
鞄から小さなスケッチブックとペンを出して、「これでお願いできる?」って!
びっくりしてたら、「私、耳が遠いから、他の患者さんに迷惑かかっちゃうでしょ?」って笑うの。「あ、でもね、目も悪くなってるから大きい字でお願いね」とも言われた。

スケッチブックとペンを受け取って大きめの字で筆談したら、普通に問診するよりスムーズでびっくりした。痛い場所は絵で教えてもらったりとか。

筆談ってこういう使い方もあるんだなって思った。もちろん、耳の遠い患者さん全てがこれを望むかどうかは分からないけど、問診がうまくいかないときは筆談してみようって思った。

院長の好みのタイプ

今日、うちの医院に新しい受付さんが来たんだけど、「またこのタイプかあ~!」って思っちゃった。
私も含めて、みんな同じような顔。個人医院だとこういうの多いような気がするな。友人の勤めてる耳鼻科も、同じ顔ばかり。
面接には他にも何人か来てたし、もっと美人な人もいたんだけどなぁ。絶対に看護師も事務も好みで選んでるよね。院長の他に男性いないし、ハーレムだ~。
みんな同じタイプの顔で揃えるのってわかりやすすぎるよね。院長、独身だしさ。
おばちゃんばかり集めている医院も知ってるけど、そこは院長の奥様がとっても美人。面接も奥様がやってるって言ってたから、やっぱりそういうことなんだなーって感じ。
でも、セクハラとかされないからいいや。院長も気さくで面倒見がいい人だし。
いつもスタッフみんなにスィーツ買ってきてくれるし!
誰かひとりをひいきすることもないし、残業もさせないし。素敵な院長だなぁって思う。
でも、いい人すぎて恋愛対象じゃないんだよね……。

夜勤しなくても看護師は看護師

夜勤はしなくなったけど、看護師は看護師だ

13022726_3290_1

中学の頃から看護師になりたかった。医者になるほど頭は良くなかったけど、人の役に立ちたかったからだ。

病気を診察して治すことはできないけど、医師よりも患者とは向き合えると思った。でも大変な仕事だときちんと理解していなかったかも…。大変さが分かるのは、やはり現場に入ってからだった。

仕事に何を求めるかは人それぞれだと思う。でも、給料だったり、時間の自由だったり、やりがいだったり。正直、今の私では給料はいまいちだし、時間の自由は全然ない。でもやりがいだけは十分だと思う。それでさえなけれざ、もう他の仕事に就いているかもしれない。

慣れない夜勤は特に最初の頃は本当につらかった。いつ急変があるかも分からないし、なかなか気も抜けず、朝が来る頃にはヘロヘロだった。

それなのに連続で夜勤の時は、本当に逃げ出したいくらいだった。友達の朝から夕方までの普通の就労時間に憧れたりしたな。それでも頑張れたのは同期がいたからと先輩達のおかげだと思う。同期にはいっぱい愚痴を言ったし、先輩には何度か泣きながら相談もした。今では笑い話だけど当時は本当に切羽詰まってたな。

でも今ならこの仕事が大好きだと言える。苦しい時期もあったけど、私は看護師という仕事に誇りを持っている。

結局夜勤は辞めて日勤だけの職場を選んだけど、それでも看護師は看護師。しっかり頑張ってる。

大阪のおばちゃん

電車に乗っていたら、お母さんと3歳くらいの男の子が乗ってきた。
座席の隣にはいかにもっていう感じのパーマをあてた大阪のおばちゃん。

おばちゃんはまず、顔を男の子の方へ向けて、無言で
「んん?どしたんやぁ?」みたいな顔をする。
その後、口に出して「どしたん?ママとお出かけかぁ?かわいいなぁ」と言う。
男の子は恥ずかしそうにうなづいて、お母さんの方もおばちゃんにペコリと頭を下げる。そこでおばちゃんは、カバンから飴を取り出して

おばちゃん「ボク、食べるか?ママに怒られるか?」
お母さん「すみません。ありがとうございますぅ」
おばちゃん「大阪のおばちゃんやさかいな。なんぼでもアメ持ってるで~(笑)」
お母さん「ほらっあんたもありがとう言いなさい!」
おばちゃん「かまへんかまへん。なぁボク」
お母さん「ほんまにすみません。ありがとうございます」

のくだり。これは完全にパターン化してると言っても過言ではないと思う。

大阪の人たちは人懐っこい。人懐っこいというのはさびしがりということなんだと思う。それが温かい時もあるし、時には面倒な時もある。

看護師になるっていうだけで十分に世話焼きな人が多いから、おばちゃん看護師との距離感は難しい。

噂好きだし、陰口好きだし、でもそのくせ風邪なんかひくと本気で心配してくれたり、なんだかんだ言って一緒に働くのは楽しい。なんといってもパワフルな人が多いので元気を貰える。

たこ焼き最高

13022726_3290_1

 

こないだ久々にたこ焼きを食べた。美味い!!たこ焼き幸せ!

お好み焼きもいいけど、わたしはたこ焼き派かな。

でも、大阪は粉もんやよねー。

東京の人は不思議がるけど、たこ焼きとご飯とは普通にいけるわ。きつねうどんとご飯もいける。

大阪人は炭水化物でできてるのかもしれない。

 

12月の難波

地下鉄 御堂筋に乗って、久しぶりに夜の難波で彼氏とデート。彼氏とはツレみたいな間柄なんやけど、なかなか会えないから、会うとやっぱり好きやなぁと思う。前に夜勤してた頃はもっと会えなかった。あの時はツラかったな。日勤常勤になってからだいぶマシ。でもそれでもまだ足りないけど・・・。

御堂筋のイルミネーションは綺麗やったけど、それ以上に周りが明るかった。彼氏はアップルストアでマックブックを欲しそうにしてた。クリスマスプレゼントにしてはちょっと高いかなぁ・・・(笑)。

居酒屋に入って食事。いっぱい笑った~。

そういえば、そこの居酒屋で言われたんやけど、彼氏さん・彼女さんって言葉はいつからみんな言うようになったんやろ。なんか変な感じしてあんまり好きくないなぁ。

まぁ、そんなこんなで難波最高です。

また、ブライスドールの話

この夏にブライスドールをお迎えしたばかりの、ブライスドール初心者です。

ちょうどその頃、家族が病気で入院してしまってその世話にいくのが大変だったのですが、 家に帰ってきてブライスドールと向き合うと、なんとなく癒されたんです。

それ以来、すっかりブライスドールが好きになってしまって、公式サイトで新しいブライスドールを予約したり、色々散財しています。

友人は予約に間に合わなかったと落ち込んでいました。

素敵な作家さんとのご縁

こんな歳になって、人形で遊ぶ日がくるなんて夢にも思っていませんでした。

でも、3頭身のブライスドールをすごく気にいってしまって、2体も買ってしまって・・・。

ブライスドールは、通常の価格よりも高価なものが流通していまして、4万円のものを買ったのですが、さすがに家族には本当の値段をいえないままです。

でもネットで、ブライスドールの服を作っている作家さんとご縁があって、感動してます。

その作家さんは、思ったものを形にしてくれる素敵な服を作ってくれます。

ブライスドールの趣味

私が子供のころは、リカちゃん人形で遊ぶのが流行っていました。

でも、私はリカちゃんを持っていなくて、リカちゃんのお友達のいずみちゃんを持っていました。

その頃から性格がかなり悲観的で、リカちゃんを持っていない自分が嫌でなりませんでした。

35歳を過ぎてから、ブライスドールを買って遊ぶようになりました。

服はオークションで買ってみたり、フリーマーケットのサイトで買っています。

すっかりブライスドールが趣味になってしまっています。